ホーム > その他業種 > WEB

八ツ田和夫は憧れの父のように草野球に真剣に取り組んでいる

八ツ田和夫は、大の野球好きで知られている人です。休日になると、活動的な八ツ田和夫は、朝早くから草野球の練習や試合をしに出かけます。八ツ田和夫は、周りの人が驚くほど積極的に取り組んでいて、「もっとつよくなりたい」という思いと、子供の頃に父親が遊んでくれた野球の楽しさが大人になった今、さらに強くなり、気が付いたら情熱を注ぐようになっていたのです。

今でこそストイックに草野球を行っている八ツ田和夫ですが、草野球を始めたばかりの頃は趣味の一環でした。仕事で忙しいため、ストレスを大好きな草野球で発散できたら良いだろうと考えたのが始まりです。しかし、父親譲りの面倒見がよく、熱い性格の彼は、メンバー集めから草野球のことについてかかれているブログから、すべて自分で行っています。彼は、草野球に掛ける情熱も人一倍強く、また、草野球ではエースでピッチャーを務めています。草野球チームに所属をしていて、メンバー集めも八ツ田が行っています。草野球で大切にしていることは、なんといってもチームワークです。このため、彼のチームはいつでも助け合って成長をしています。和気あいあいとしながらも練習はしっかりやることで社会人草野球チームの中でも、割と強いチームです。

軟式草野球にエース、ピッチャーとして積極的に取り組んでいる八ツ田は自分のスキルアップだけではなく、チームをまとめることにも長けているため、チームのメンバーからも一目置かれる存在です。趣味の一環として始めた草野球だが、もともと野球に掛ける情熱が人一倍強かった八ツ田は、メキメキと頭角を現していきました。八ツ田の腕前は、草野球チームを結成した初期からいるメンバーも圧巻で、「自分たちも八ツ田のように上手になりたい」とうならせています。しかし、八ツ田和夫は自分のスキルが高くても消して驕ることなくことなくメンバーに接し、メンバーの悩みや弱点の部分を細かくリサーチし分析を行い練習メニューに組み込んでいます。エースとしてチームを助けるだけではなく、一人ひとりに親身になっているため、チームのみんなものびのびと野球を続けていくことができています。練習はストイックですが、負けても楽しくをモットーにしている草野球チームなので、いつも和気あいあいとした雰囲気がさらにこのチームを強くしていっているのです。野球が好きで、多くの人の支持を得ている彼は、本人が気が付かない間に憧れていた自分の父と似てきている部分があるのかもしれません。

店舗名 
  • 住所
  • アクセス
  • TEL
  • FAX
  • 営業時間
  • 定休日
  • URL

関連記事

株式会社二二商会

株式会社二二商会は、北海道札幌市に拠点を構える企業です。明治42年に創業した歴史ある企業で、昭和26年に会社として創立、昭和61年に設立されました。各種消防自動車や救急車、消防庁舎の設備に関する事業を…

[その他業種][法人_設備関係]0views