記事の詳細

グラビアアイドルと言って思い浮かぶ女性は誰でしょう。現在でも、グラビアを掲載している雑誌は数多くあり、青春時代を過ごしている男性にとっては、だれしもがイチオシのグラドルを持っているものでしょう。マンガ雑誌を買う理由も、その時に自分の好きなグラビアアイドルが出ているからという理由で読んだこともなかった雑誌を手にしてしまうということも私も経験したことがあります。

好きなグラビアアイドルが決まるときには、自分の好きな女性のタイプが反映されるもので、それによってさまざまなジャンルがありますが、とりわけバブル期から人気のあったグラドルと言えば、巨乳を売りにしたアイドルではないでしょうか。やはり、女性の大きなアピールポイントとして胸の大きさは男性にとってはアイドルの象徴だということでしょうか。かくいう私も、やはり巨乳の女性にはあこがれがあり、当然ですが、グラビアアイドルと言われれば巨乳が好みです。巨乳のグラドルというのは今でもたくさんいますが、その中でも、より大きい女性がデビューしたりするため、どんどんとその裾野は広がっているように感じます。

その中でも、私が初めて掲載された頃から注目をしていたグラビアアイドルに松金ようこさんという方がいます。2000年初めごろに、雑誌のグラビアに登場して以来、巨乳グラビアアイドルとして一気に人気が出ました。その、日本人離れしたバストサイズをはじめとしたプロポーションや、目鼻立ちのはっきりした顏は、インパクトがあり他のグラドルとは一線を画すような存在だったように思います。グラビアと言えば、浜辺や南国のリゾートで撮影するようなイメージがあるものです。松金ようこさんは、たくさんいるグラビアアイドルの中でも、抜き出てビーチが似合う女性でした。
そのような印象を持ったのは私だけではなかったことは間違いなく、立て続けに写真集を発売してその売れ行きがよかったため、その後知名度や様々な雑誌の表紙を飾るようになります。これは、実は、松金ようこさんの所属していた事務所の中ではかなり優秀な成績であったようで、事務所の中でも一目置かれる存在になっていたと言われます。

その後、松金ようこさんは、テレビなどの媒体にも出演するようになります。写真集を出すことやイメージDVDの販売が基本となるグラビアアイドルがテレビに出ると言うと違和感を感じるかもしれませんが、当時では、決して珍しいことではありませんでした。同時に松金ようこさんと仲の良いグラドルであった熊田曜子さんやほしのあきさんをはじめとした、グラドルが多くテレビに出演し、クイズ番組やバラエティ番組を中心に人気を博するようになります。
また、その中には、青木さやかさんのようにそのまま芸能界でタレントとして活動を続けていくほどの人気の出ていた人もいましたので当時の勢いは相当なものであったと想像がつきます。

しかし、松金ようこさん自身はこの後、突然「充電期間」として芸能界でのタレント活動を休止します。理由は正式には発表されませんでしたが、テレビに出たグラドルの多くが、活動をタレントに近いような番組出演にウェイト置いていく中で、彼女は同時に撮影の仕事も行い写真集の発売なども行っていたことから疲労がたまってしまったのではないかと私は考えています。
それから、およそ1年半もの間表舞台に姿を現すことがありませんでした。私も、気付いてみれば松金ようこさんの載っている雑誌がなくなって他のグラビアアイドルも多くデビューしてきたために、彼女はそのまま引退してしまうのではないかと想像をしていました。

その予想を裏切るような形で、2006年になって復活すると以前にも増して精力的に松金ようこさんは活動をするようになるのです。年齢的にも、どんどん下の世代のグラドルが台頭もしてきていたのですが、松金ようこさんのようなエキゾチックな雰囲気を持った巨乳のタイプというのは、ある程度大人になってきていても、その魅力は増しているように感じられたものです。以前よりもより過激な露出をしたグラビアは衝撃的なもので、その人気も全く衰えを感じさせないものでした。
さらに、2007年ごろからブログも開設して、その更新頻度もとても高いものでした。このブログでは愛犬の紹介や撮影の様子などを載せているだけではなく、プライベートな旅行や私生活での一面をのぞかせてくれるもので、執筆も本人が行っているものだったので、親近感を持ちやすい内容となっていました。

このあたりから、ただのグラドルでもタレントでもなく松金ようこさんは、自分のスタイルややり方を確立していったように思います。また、親交の幅もあり、前述のようなグラビアアイドルの友人だけでなく、テレビで共演した芸能人やお笑い芸人の人とも、交流を持っていたことがブログからもうかがえるようになりました。デビューしてから10年以上がたちますが、これからも様々なところで彼女の活躍が期待できるのではないでしょうか。

芸能界と真摯に向き合う松金ようこ

モデル業界は生き残ることが難しいといわれる現実があります。特に女性の誰しもが憧れを抱いているのがこの業界で、世間に登場してからも脱落してしまう人たちがいます。成功と呼ぶに至っている人はほんの一握りで、私たちが普段目にしているモデルたちは業界内における氷山の一角に過ぎません。グラビアアイドルもモデル業界に含まれる存在ですが、こちらも同様です。グラビアアイドルは雑誌や写真集などで芸能界の第一歩を踏み出す人がほとんどですが、衣装として水着が主になっています。注目される部分は胸であったり、さまざまですが、体の露出が多い職業になりますので、若いうちにスポットライトを浴びなければ、後々に活躍していくのは難しいでしょう。やはり、人間ですので、年齢による劣化は否めず、長い間夢を追い続けられるような場所ではありません。逆に、活躍できなかったゆえに露出を増やさざるを得ず、いわゆるギリギリの衣装を着て活動をし続けている人もなかにはいます。

ただ、若いうちに活躍できれば、女優などの芸能人として立派に活動していくこともできます。雑誌や写真集などの紙媒体で人気が出ればそこから飛び出し、テレビなどの映像メディアに登場し始めます。最初こそ、グラビアアイドルの肩書きがあるので「セクシータレント」と呼ばれ、紙媒体時代と変わらないような格好で主演することになりますが、そこで売れることができれば、露出が減っていき、他のタレントと変わらないような衣装や待遇になっていきます。グラビアアイドル時代のファンからすれば、残念な出来事だとは思いますが、本人の活躍に伴った変化ですので、受け入れる必要があるでしょう。

そして、まさに、このような流れに乗った人物として、松金ようこさんがいます。グラビアデビュー当時から、歴代最高の巨乳などと呼ばれ、人気を博していました。そこから、テレビに出演するようになり、芸能人として上記のような方向に移り変わっていきました。ここで、重要なのは、松金ようこさんは勝手に人気が出始めたわけではなく、成功するも当然な努力をし続けていたということです。露出が少なくなってきても、スタイル維持に気を配り、しっかりとした食生活からグラドル時代の体型から一切変化することはありませんでした。また、松金ようこさんは「態度」の面でも気をつけており、どのような立場の人を相手にしても礼儀正しく接していました。これらは当たり前のことかもしれませんが、芸能界で成功してきた人々がおろそかにしてしまいがちなポイントです。ですので、松金ようこさんは成功するべくして、成功に至った人物だということができるでしょう。これからも松金ようこさんは努力をし続けていくだろうと思いますので、今後に期待していきたいです。

松金ようこ
http://ameblo.jp/yokomatsugane/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る