記事の詳細

近年簡単に就職ができる企業には、問題のある企業が多く存在しています。今の言葉で言えばブラック企業と呼ばれる会社です。問題となるのが給料の支払いや休日と休暇の関係が1番多く問題となっております。ブラック企業による残業手当の未払いや仕事の結果によるペナルティーとしての給与の減額や、休日返上による仕事量等法律に違反している企業となります。いろんな職種によってこのブラック企業は存在しています。それだけ雇用主の立場が強くなっているのが今の経済の状況だといえます。

新しい分野としてインターネットの情報通信を行う企業があります。労働者の法整備の観点から考えると今後も法律による規制が必要な業種の1つだといえます。株式会社SHTは、会社設立後10年を経過していない企業で情報通信を行う企業です。こちらの株式会社SHTでは、採用情報をインターネットに掲載しており社員の募集を行っております。株式会社SHTの新入社員の募集情報を見てみると、ブラック企業では問題となる残業代などの未払がなく各種手当が厚く保証している企業といえます。休日出勤の返上も株式会社SHTでは関係なく完全週休2日制でしかも祝祭日も休みとなっている大変魅力ある募集情報だといえます。休暇制度の中に裁判員休暇と呼ばれる制度があるのも新しい企業として魅力のある福利厚生だといえます。新しい企業では福利厚生の健康保険等の加入を行っていない企業がある中で、株式会社SHTでは社会保険について完備している状況となっています。

社員同士の親睦を深めるイベントも多数計画されている企業なので、チームとして活動する株式会社SHTには必要不可欠なことだといえます。中途採用も同時に募集しておりますが、新卒社員の募集と内容はほとんど違いがない状態です。ただし中途採用の場合にはある程度の実務経験がある人の方が採用される条件が高くなると言われております。新卒採用と中途採用のどちらの場合でも採用された後の入社時研修は、同じようにカリキュラムを進めていくことになります。株式会社SHTに入社した社員の人たちの多くが技術者としてのスキルアップを強く望んでいることです。このスキルアップの希望に応えるように株式会社SHTでは、社員研修の中でスキルアップができる資格の講習を用意しております。株式会社SHTでは社員同士がスキルアップをすることで切磋琢磨してレベルの高い技術を提供することになります。

人間力の向上に注力する会社

昨今、インターネットの複雑化、巨大化が著しく、それを扱う人に高度な知識と技術が必要とされるようになってきました。インターネットに詳しくないという方でも「システムエンジニア」「ネットワークエンジニア」という言葉を一般的に耳にするようになったのではないでしょうか?エンジニアと言えば「自動車」「機械」などを扱う人のことを指す言葉でしたが、現在ではインターネットに関する専門的な技術、知識をもつ人のことも指すようになりました。それはその職種に、大きなニーズが生まれたからに他なりません。高い技術を有するエンジニアを多数抱えている企業があります。株式会社SHTという会社です。

株式会社SHTは2006年に設立されました。代表取締役の吉原譲治氏のもと、ハイレベルなエンジニアの輩出をするとともに、そのエンジニアを派遣するビジネスを展開しています。人材を教育していく中で、「人間力」の向上に最も注力しており、それは教育の内容からも窺い知ることができます。

株式会社SHTに入社した「エンジニア候補」達は、新卒採用であれば、まず社会人としての研修と、エンジニアとしての研修両方を受けます。社会人研修は1週間行われ、やる気に満ち溢れる新卒採用者たちに社会人としてのマナー、基礎を教え込みます。それが終わるとエンジニア研修に移行します。これは配属される予定の部署によって異なります。株式会社SHTの事業では、システムインテグレーションや、システム開発、ネットワークシステム設計などの事業が行われているため、部署が複数あり、それによって学習しなければならない内容も大きく異なるのです。このエンジニア研修が終わると各部署へ配属されます。

しかし株式会社SHTのエンジニア達は研修で得た知識だけで仕事はこなせません。積極的に資格取得のための勉強をするのです。資格と言っても様々ですが、基本的に目指すのは、サーバ・ネットワークに関する理解を求められるものと、マイクロソフトオフィスの理解を求められるものです。具体的には「CCNP」「LPILPICレベル1」「マイクロソフトオフィススペシャリスト」「マイクロソフトパワーポイント」「マイクロソフトエクセルスペシャリスト」などです。合格のためのプログラムもしっかりと構築されており、常に高い合格率を保持しています。

そうやって知識を備えていきながら、仕事に臨み経験を積んでいくことで、一流のエンジニアになっていき、同時に人間力も備わっていくのです。

株式会社SHT
http://www.shtech.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る